靴の消臭|スプレータイプとパウダータイプを徹底比較!

いつも足を清潔にしているのに、ふとした時に靴が臭う・・

こんな経験ありませんか?

私も営業先で室内に通され靴を脱がなければいけない場面や、飲み会で急に座敷に通されたときにはいつも冷や汗をかいていました・・

普段はそれほど臭っているわけではなかった(と思う・・)のですが、一度同僚とゴルフに行った時に靴を脱いだら露骨に嫌な顔をされたことがあります。あれはとても恥ずかしかったですね。臭いの問題は直接伝えにくいですもんね。自分で臭いに気づいた時には恥ずかしくて泣いてしまいそうになりました。

そんな経験もあり、靴の消臭方法を徹底的に調べつくしたことがあります。その時に知ったのが、靴の消臭にはスプレータイプとパウダータイプの商品があるという事です。

靴の消臭にはスプレーとパウダーどっちがおすすめ?

靴の消臭といえば、スプレーをシュシュッと拭きかけてあとは乾くのを待つというのが一般的ですよね?しかし、最近は何やらパウダータイプの消臭剤が人気になっているという噂を聞いたので実際に使用してその効果を確かめてみました。

靴の消臭にはスプレーとパウダーどっちがおすすめなのでしょうか?

結論から言うと、「パウダータイプの消臭効果がすごい!」ですが、パウダータイプの商品には消臭以外の部分でそれなりにデメリットもあると感じました。パウダータイプのメリット・デメリットについては後述しています。

そこで、

今すぐ臭いをなんとかしたい方 = パウダータイプ

今は臭いはないけど、臭い予防をしておきたい方 = スプレータイプ

と、用途によって消臭剤を使い分けるのがおすすめです。

パウダータイプのおすすめはこれ!

靴の消臭パウダータイプの商品で定番なのがグランズレメディです。

グランズレメディはニュージーランド生まれの消臭パウダーで、ニュージーランドやイギリスでは古くから愛用されている商品です。日本人に比べて足の臭いがキツイと言われる諸外国の人たちを対象にしているため、ウソのような効果を実感できておすすめです。

消臭パウダータイプの安全性は?

  • そんなに消臭効果があるなら劇薬を使っていそう
  • 体についたら危ないんじゃないの?
  • 粉を吸い込んだら大変なことになりそう

実感力の高い外国の製品となると、どうしても安全性について考えてしまいますよね?

グランズレメディは消臭効果を保ちながら、安全性についてもしっかりと考えられています。グランレメディについては、NZ通産省生活物資部が安全保障書類を発行しており、その安全性と消臭効果により米軍の施設内でも認可・販売がされています。

安全性についても問題がなさそうなので、パウダータイプの消臭剤を試してみる事にしました。

パウダータイプの消臭剤をレビュー

消臭パウダーの使い勝手を知るために、私の奥さんにも協力してもらい実際に消臭パウダーを試してみたのでレビューしてみたいと思います。

消臭パウダーレビュー男性編

まずは消臭パウダーのレビュー男性編です。

趣味のバスケットボールで毎週酷使された臭いバッシュ・・

消臭パウダーでこの悪臭を封じ込めることは出来るのでしょうか?

まずは、スプーン一杯分の消臭パウダーを靴に投入。

靴を揺すってみてパウダーをならします。

この時点で臭いをかいでみると、すでに消臭効果を感じます。

では、この状態で靴を履いてみるとどうなるのでしょうか?

中はこんな感じ。

靴下はこんな感じ。

パウダーが靴下に付着してしまいます。

そのまま1時間ほど散歩してみましたが、パウダーはまだ落ちていません。

3-4時間でパウダーが靴になじんで靴下につかなくなりました。

消臭パウダーレビュー女性編

次に消臭パウダーのレビュー女性編です・

奥さんの靴は全部無臭(らしい・・)なので、消臭効果についてはコメントを差し控えさせていただきます。

ロングブーツを用意してもらいました。

ブーツにスプーン一杯分の消臭パウダーを投入。

フリフリしてよくなじませたあと、実際にブーツを履いてみると。

やっぱり、靴下に色がついてしまいますね。

消臭パウダーを使って感じたメリット・デメリット

ここからは靴の消臭パウダーを使って感じた、メリットやデメリットについて詳しくみていこうと思います。

消臭パウダーのメリット

・消臭力がとても高い

いろいろな製品を試してみて、スプレータイプよりパウダータイプのほうが消臭力が高いと感じます。

・乾くのを待つ必要がない

スプレータイプのように乾くのを待つ必要がないので、いつでも使うことができます。

・ロングブーツにも使いやすい

消臭パウダーを入れて靴をフリフリするだけで、つま先部分にもパウダーがいきわたるので、ロングブーツなどにも使いやすい。

消臭パウダーのデメリット

・粉がしっかり染み渡るまでは靴下に色がついてしまう

おでかけまえにパウダーを使うことで、消臭効果を得ることはできますが靴下に粉の白い色がついてしまいます。実際に試してみたところ、粉がなじんで色が消えるまで3-4時間かかることが分かりました。

通勤用の靴に使用する場合は、社内でスリッパに履き替える会社は、色の薄い靴下を履くか帰宅時にパウダーを使用する必要がありますね。

・スプレータイプにくらべるとこぼれやすい

一度玄関先で消臭パウダーをぶちまけてしまったことがあります。細かい粉なので、掃除が大変でした・・

スプレータイプのおすすめはこれ!

ここからは、スプレータイプの消臭剤について詳しく見ていくことにしましょう。

靴の消臭スプレーは色々な商品がありますが、最近特に人気なのがNULA(ヌーラ)です。

NULAは現役のドクターが開発した商品で、口コミでそのうわさが広まり数十万本の売上を達成した今注目の商品です。

これまでの靴用消臭スプレーは、足の嫌な臭いを別の匂いでごまかす商品が多く見られました。しかし、NULA(ヌーラ)はスプレーした衣類に消臭効果をもたせるという、合理的・効果的な考え方で生み出された商品です。

興味のある方は公式サイトをご覧下さい。

消臭スプレータイプを使ってみて感じたメリット・デメリット

ここからは靴の消臭スプレーを使って感じた、メリットやデメリットについて詳しくみていこうと思います。

消臭スプレーのメリット

・何といってもお手軽

スプレータイプの物は、靴の内部に向かってシュッシュッっと拭きかけるだけなのでほとんど手間がかかりません。

・靴下の色を気にする必要がない

パウダータイプの商品のように、粉が靴下についてしまって色が変わる恐れがないため使いやすいです。しかし、↓で説明している通り、靴を履くときにきっちりと乾燥させてやる必要があるので、お出かけ前に消臭スプレーをふりかけるのはあまり良くありません。

消臭スプレーのデメリット

・乾くのを待つ必要がある

湿度の高い環境では、雑菌の繁殖が進んでしまいます。消臭スプレーを使う場合、かならず靴を良く乾かしてから使用する必要があります。そのため、お出かけ前に使えない。梅雨の時期や冬場は中々乾きにくいといったデメリットがあります。

靴の消臭のために根本的な原因を解決しよう!

そもそも靴が臭うのは足がくさいからです・・ そのため、本格的な靴の消臭に取り組むには、足の臭いの根本的な原因について解決する必要があります。

なお足の臭いは男性の問題と考えられがちですが、実は足の臭いの元(イソ吉草酸)については、男性より女性のほうが発生しやすいと言われています。これはタイツやブーツを履く機会や時間が男性より多いからだと言われています。

ふとしたきっかけで恥ずかしい思いをしないように、男性・女性ともに足の臭い対策には日頃から取り組んでおく必要がありますね。

ここからは、足の臭い対策についてくわしく見ていくことにしましょう。

靴は毎日ローテーションが基本

毎日同じ靴を履いているビジネスマンの方を良く見かけますが、これでは靴が乾ききる時間がないためドンドン雑菌が繁殖してしまいます。

特に皮靴は通気性があまり良くありませんので、一度履いたら2-3日は使用しないのがいいでしょう。そのため、ビジネスシューズは3-4足をローテーションして使う事が大事です。

3足もビジネスシューズを購入するのは大変ですよね。しかし、毎日同じ靴を履き続けるよりも日替わりで靴を選んだほうが靴が痛みにくいので、結果的に長く使え安上がりになりますよ。

足を丁寧に洗って雑菌を落とそう

足の臭いのキツイ方は、しっかりと足を洗えていない方が多いです。足の指の間も、一か所ずつきちんと洗うようにしましょう。

また、足の裏で繁殖した雑菌はアカ(古い角質や汚れ)を好んで食べます。この時に分解されたもの(イソ吉草酸)が足の臭いの原因になるのです。アキレス腱の付近にはこのアカが貯まりやすいので、特に重点的に洗い落とすようにしましょう。

消臭クリームで雑菌の繁殖をバリア

靴の臭い・足のにおいに悩んでいる方は、足を清潔に保つことに加えて一定期間消臭用クリームを使用するのがおすすめです。

足の雑菌の繁殖を防いで、徹底的に殺菌するのに役立ちます。

靴下を変えるのも重要

中途半端に洗った靴下は雑菌を落としきれていないことがあります。せっかく、靴の消臭や足を清潔に保つ努力をしても、靴下を介して雑菌が繁殖してしまいます。

対処法としては、抗菌力の強い洗剤を使うことや、雑菌を死滅させるために洗濯後乾いた靴下にアイロンをかけることが有効です。また、靴下は湿った状態では決して履かないようにしましょう。

この他にも、靴下は通常のものより5本指ソックスのほうが通気性が高いと言われています。ブーツなどを履く場合は、5本指タイプの物を使うようにするなど、靴の形状や蒸れ具合によって靴下を使い分けましょう。

靴の消臭スプレーvsパウダーについてのまとめ

ここまで消臭スプレーと消臭パウダーについてみてきましたが、実際に試してみて防臭にはスプレータイプ。消臭にはパウダータイプを使うのが良いと感じました。

靴の臭いが気になる方は、是非参考にしてみてください。

最近はスメハラ(スメルスハラスメント)の問題も騒がれており、臭いに関しては人一倍気を使う必要がありますよね。

あなたも靴の消臭に気を配って、においフリーな生活を送りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする